カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

E/O,O/E変換モジュール(対向) 60MHz-3GHz【RoHS】 ROF101

ROF(Radio Over Fiber)とは光信号を無線信号(変調された搬送波)で強度変調して光ファイバで伝送する技術です。
使用周波数帯域は60MHz〜3GHzとなります。

E/O,O/E変換モジュール(対向) 60MHz-3GHz【RoHS】 ROF101

価格:

432,000円 (本体 400,000円、税 32,000円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■サンプル無料貸し出し

本商品はサンプル貸出を実施しております。
まずは一度商品をご確認いただき、ご検討ください。

■貸し出し方法■
・貸し出しのご依頼は、問い合わせページよりご連絡下さい。
・お申し込み確認後、在庫を確認の上、ご連絡させて頂きます。
(送料はにつきましては、お客様負担とさせて頂いております。)
多数の申し込み等により、ご希望に沿えない場合がございます。予めご了承ください。

■ 特長

(1) 公共放送、携帯電話、無線LAN、業務用無線等の無線信号をそのまま光伝送できる。
(2) 同軸ケーブル伝送に比較して伝送損失が大幅に少ない。「ファイバロス:約0.5dB/km」 表1)参照
(3) 伝送周波数範囲が広く「60MHz〜3GHz」伝送損失の周波数偏差は少ない。注1)
(4) 同軸ケーブルを接続する感覚で手軽にUHF帯、SHF帯の遠距離伝送路を構築できる。
(5) 無線伝送のように電波法の適用を受けない。
(6) 光ファイバは絶縁体なのでEMC(誘導雷、強磁界、雑音、静電気 等)に優れている。

表1) 信号減衰器比較
 伝送距離
 300mでの信号
 減衰量比較
   FM放送 DTV 第3世代電話 WiMAX
同軸ケーブル(5D-FB)伝送 約18dB 約45dB 約96dB 約120dB
ROF-Link光伝送 約2.3dB 条件:光ファイバロス+光コネクタロス(×2カ所)
注1) 光ファイバには伝送損失の周波数偏差はありませんがLD変調回路やPDAMPの周波数偏差が影響します。

■ 使用用途例

(1) 公共放送、携帯電話等の携帯電話等の不感地帯対策システムの長距離伝送路(1:1の伝送)
(2) 無線LAN、WiMAXシステムのエリア確保及びエリア拡大のビル内中短距離伝送路(1:Nの伝送)
(3) アイソレーションを必要とする計測機器関連の信号伝送路「光アイソレーションAMP等」




■ 仕様

 項目  主要性能  備考
 品名  ROF101(E/O+O/Eセット)  
 伝送周波数  60MHz〜3GHz  
 CNR(基準値)  80dB/10kHz以上  伝送損失1dB、無変調CW波0dBm出力時、
 IM3離調周波数1MHz
 2tone IM3  -53dBc以下  伝送損失1dB、無変調CW波0dBm出力時、
 IM3離調周波数1MHz
 基準入出力信号(RF)レベル  0dBm  伝送損失1dB時
 適合光ファイバ  1,310nm帯零分散SMファイバ  
 光波長  1,550nm 帯  
 電源  DC+6V
 消費電力 7W以下
 (E/O、O/E各々)
 専用ACアダプタ付属
 入出力RFコネクタ  N-P型  
 入出力光コネクタ  SC-SPC型  
 外形寸法  110(RFコネクタ含134.5)
 (W)×46.5(D)×27(H)mm
 光送信部、光受信部共通
 質量  300g以下(E/O、O/E単品)  光送信部、光受信部共通
 温湿度範囲  0℃〜+40℃ 85%RH
 (性能保証・保存)